糖質制限ダイエットっていいの?

【糖質制限ダイエット】よく耳にする言葉・ダイエット方法だと思います。

なんとなく「糖質を減らせば痩せることが出来る」と思っていませんか?

 

今回は、糖質がなぜ必要なのか。糖質制限のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

~糖質が必要な理由~

糖質とは3大栄養素の中の炭水化物に含まれる成分

ではその糖質にはどのような役割があるのでしょうか。

体内に入ると血糖として即効性の高いエネルギー源になる

エネルギーとして最初に使われる

 起きている時も寝ている時も24時間エネルギーは消費されます。

 エネルギーは様々な栄養素から作り出されるがまず最初に糖質が使われます

そのため…運動前や成長期の子供やエネルギーが必要になる場面においては糖質の摂取が重要になってきます。

糖質を摂取することでタンパク質や脂質は人体の構成成分として使われる

 

などなどの機能があります。

それでは、糖質制限のメリットはどのようなものなのでしょうか?

 

 

~糖質制限のメリット~

即効性がある

糖質制限を行うと、糖質の摂取量が減少する為、血糖値上昇が少なくなり脂肪を貯蔵する働きのあるインスリンの分泌量が減少します。

その結果インスリンの働きは穏やかに。脂肪がつきにくくなったり活動エネルギーとしての消費がなく、脂質に変わる糖質が少なくなり太りにくくなるのです。

 

脂肪燃焼がしやすくなる

糖質制限を行うことで体を動かすのに必要なエネルギーが不足し、蓄積されていた中性脂肪や体脂肪を分解。

エネルギー生成を行う為、脂肪がより燃焼しやすくなります。

 

眠気を抑えることが出来る

空腹時に糖質が多い食事を摂ってしまうと、血糖値の急上昇を招きその後、インスリンの働きにより血糖値が急降下します。

そのため、体内のブドウ糖(エネルギー)は不足状態になり、脳にエネルギーが運ばれず食後に多い眠気に繋がっていくのです。

その糖質の摂取を抑えることで急上昇と急降下が発生しにくくなり、眠気が生じにくくなります。

 

上記では糖質制限のメリットをご説明しました。

では、反対にデメリットはどのようなものなのでしょうか。

 

 

~糖質制限のデメリット~

体調不良に陥る

脳のエネルギー源がほとんど糖質のよるものなので、不足するとエネルギー不足になり頭痛】【集中力の低下】【めまい】【イライラなどの症状が出てきてしまいます。

 

リバウンドの原因になる

食事制限によるストレスで暴飲暴食に繋がり、リバウンドしてしまう恐れがあります。

また、制限を終了した後、糖質を摂るとその糖質を吸収・脂肪に変換して貯蔵する働きが起こります。

 

筋肉量が減少する

糖質制限をすると糖質の代わりに中性脂肪や体脂肪がエネルギー源として使われるが、脂質と同様タンパク質もエネルギー源として利用されます。

筋肉を削り、エネルギー源として利用するために筋肉量が減少してしまいます。

また、筋肉量が減少することで代謝が下がってしまうことにも繋がります。

 

以上が糖質制限を行う上でのデメリットです。

 

 

~まとめ~

糖質のほとんどは、体内に入るとブドウ糖へと分解され全身で使われます。

生命維持に必要不可欠なブドウ糖には脳を動かしたり、赤血球が酸素を配給するエネルギー源になったりしています。

 

~必要な糖質。少しでも太りにくくするには?~

糖質の摂取は空腹時は避ける

食物繊維やタンパク質を多く含むものから食べる

最後に糖質をとる

上記のことに注意をしながら食事を行うと、血糖値に急上昇を抑えることが出来ます。

 

これらを意識しながらエネルギーとして必要な糖質を摂りながらも、痩せやすい体をつくってきましょう!

 

================================================

まずは体験から!無料体験ページはこちらから

https://s-pace-nutrition.com/free-trial

サイトトップはこちら!

https://s-pace-nutrition.com

ダイエット・パーソナルトレーニングの無料体験ページはこちらから!

http://www.sun-roots.com/form.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。