ビタミンAとはどのような栄養素なのか

今回は【ビタミンA】についてご紹介致します。

皮膚や粘膜、目の健康に重要なビタミンAですが、具体的にはどのような栄養素なのでしょうか。

 

〇ビタミンA(レチノール、β-カロテン)

皮膚や粘膜、目の健康を維持するために不可欠なビタミンです。

ビタミンAの効力は、レチノール活性当量であらわされます。レチノール活性当量は、主に動物性の食品に含まれビタミンAの形になっているレチノールと、主に植物性の食品に含まれて体内で必要に応じてビタミンAにかわる物質(プロビタミンA)であるカロテノイド(β-カロテン)から求められます。

植物性の食品に由来するβ-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるので過剰症の心配はありません。

しかし、動物性の食品に由来するビタミンAは摂り過ぎに注意が必要です。

 

〇ビタミンAの生理機能

・目が疲れた時

「目のビタミン」といわれるビタミンA。目の角膜の細胞をつくり、粘膜を健康に保ち、さらにものが見えたことを認識する網膜のロドプシンの材料にもなっています。

・胃が痛い時

粘膜の作成に欠かせないビタミンA。胃粘膜の
保護・回復につながります。

・肌トラブルの改善

ビタミンAは皮膚の新陳代謝を高め、乾燥やニキビを予防します。

 

〇欠乏症

目の乾き、夜盲症(とり目。夜になると見えにくくなる)、乳幼児では、失明や成長障害の可能性も
あります。

 

〇過剰症

頭痛、吐き気。髪の毛が抜け落ちる。皮膚の剥落(はがれ落ちること)の可能性もあります。

 

〇ビタミンAが含まれる食品

・動物性の食品
うなぎ、ぎんだら、レバー、卵黄、バターなどに含まれています。

・植物性の食品
緑黄色野菜(ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、ピーマン、トマト、にんじんなどの、色の濃い野菜)などに含まれています。

 

〇脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンであるビタミンAは油に溶けやすいために、油と一緒に調理すると吸収率が
高まります。

例えば炒め物や、揚げ物、ドレッシングなど、油を使った調理がおすすめです。

また、水溶性ビタミンとは異なり、水に溶けにくいために体内に蓄積しやすく、

剰に摂取すると、体に害を及ぼす可能性があります。

 

ドレッシングの落とし穴

 

ビタミンAをはじめとする栄養素を不足することなく摂取するためには、バランスの整った食事が基本です。

ビタミンAは、バランスのとれた食事で過剰になることはまずありません。

ですが、サプリメントなどによって大量に摂取すると、過剰症の危険があるので注意しましょう。

 

================================================

まずは体験から!無料体験ページはこちらから

https://s-pace-nutrition.com/free-trial

サイトトップはこちら!

https://s-pace-nutrition.com

ダイエット・パーソナルトレーニングの無料体験ページはこちらから!

http://www.sun-roots.com/form.html

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。