ビタミンの役割や種類ご存知ですか?

 

今回はビタミンについてご紹介致します。

人間の体に重要な栄養素ですが、その種類詳しくご存知でしょうか?

 

 

ビタミンとは?

ビタミンは身体を作る材料やエネルギーにはなりませんが、エネルギー産生栄養素の糖質】【脂質】【タンパク質を分解してエネルギーに変えたり、分解した成分をさらに組み合わせて必要な物質を作ったりするのに、必要不可欠な栄養素です。

 

 

体内では、ほとんど作ることが出来ず、食品から摂ることが必要です。

ビタミンは大きく、水溶性ビタミン脂溶性ビタミンの2つに分けられます。

次からその種類についてご紹介致します。

 

 

◆水溶性ビタミン◆

脂溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンで、ビタミンB群ビタミンCなどがあげられます。

 

料理の際、ゆで汁や煮汁に溶けだしやすいので汁ごと食べると水溶性ビタミンを無駄なく摂取することが出来ます。

また、熱に損失しやすいので長時間の加熱は避けると良いです。

水溶性ビタミンを多く摂取しても尿として排出されるため、極端な大量摂取でなければ過剰症の心配はありません。

 

〇ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチン)

糖質や脂質がエネルギーに変わるために必要な栄養素で、エネルギー消費量が多い人ほど必要量が増えてきます。

 

不足すると、口内炎や貧血になってしまう危険性が高まるため、ビタミンB群が含まれる豚肉かつおあさりを摂取しましょう。

 

〇ビタミンC

強い抗酸化作用があり、体内で合成できず、多く摂取しても尿中に排出されてしまうため、蓄積できない栄養素です。

熱に弱いため、生で食べることの多い果物から摂取することがおすすめです!

ゴールデンキウイ赤ピーマンに多く含まれています。

 

 

 

◆脂溶性ビタミン◆

脂溶性ビタミンは油脂に溶けやすいビタミンで、ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンKと体内で必要に応じてビタミンAになるB-カロテンなどのプロビタミンAがあります。

 

油脂と一緒に摂ることで吸収が良くなり、熱に強いのも特徴です。

水溶性ビタミンとの違いは、摂取しすぎると体内に蓄積されるため、過剰症も引き起こすことがあるので注意しましょう。

 

〇ビタミンA

皮膚や粘膜、目の健康に重要なビタミンです。

にんじんウナギなどに多く含まれており、不足してしまうと夜に目が見えにくくなってしまう可能性があります。

 

〇ビタミンD

ウナギシイタケに多く含まれており、骨を作るのに欠かせないカルシウムやリンの吸収に関与する栄養素で、日に当たることで形成することのできる栄養素です。

ビタミンAの吸収を助ける働きもあります

 

 

〇ビタミンK

納豆ワカメに多く含まれており、血液の凝固や骨の形成に関わる栄養素です。

不足すると、出血傾向になる可能性があります。

 

〇ビタミンE

細胞の膜に広く存在しており、強い抗酸化作用があるため、細胞の老化を遅らせることのできる栄養素です。

摂取の半分以上が便としても排泄されてしまうので、体内に蓄積しにくいため過剰症はありません。

アーモンド落花生に多く含まれています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ビタミンは身体のあらゆる動きを正常に保つため、必要不可欠な栄養素です。

水溶性ビタミン、脂溶性ビタミンは体内での働きや特徴が違いますのでバランスよく摂取できるといいですね!

 

 

================================================

まずは体験から!無料体験ページはこちらから

https://s-pace-nutrition.com/free-trial

サイトトップはこちら!

https://s-pace-nutrition.com

ダイエット・パーソナルトレーニングの無料体験ページはこちらから!

http://www.sun-roots.com/form.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。